レジ袋有料化の動き

2007年05月29日 20時28分

←人気blogランキングへ

レジ袋、ペットボトル、ガラス瓶などの容器包装ごみは家庭ごみの容積の6割を占めるといわれています。今から10年以上も前の1995年に、その削減と再利用を進める「容器包装リサイクル法」が制定されて2000年に全面施行されました。しかしながらレジ袋についてはゴミ袋そのものとして利用されることが多いために分別収集が困難で、可燃ゴミに紛れ込んだまま焼却されてしまうことが多いのが現状です。そこで有料化案が浮上したわけです。繰り返しになりますが、なぜレジ袋がこれほど環境保護や地球温暖化防止の話題にのぼるのか。

問題の1つには原油の消費量が上げられます。スーパーなどの大型レジ袋は原料プラス製造工程で使われる燃料に使われている原油も含めて計算すると1枚あたり18.3ミリリットルの原油を使うといわれています。日本でのレジ袋消費量は年間で300億枚。これは55万8千キロリットルになります。ではこの55万8千キロリットルはどれくらいの量かというと、日本の1日あたりの原油輸入量(66万2千キロリットル)に匹敵します。つまりスーパーなどのレジ袋をエコバッグなどで代用することにより年間で日本全国1日分の原油を削減できることになるわけです。
・・・続きを読む