アニヤ・ハインドマーチ エコバッグ情報 香港 > 7月6日、香港・台湾での販売状況

7月6日、香港・台湾での販売状況

2007年07月08日 20時23分

←人気blogランキングへ

とりあえずこちらのYouTubeをご覧下さい。

百貨公司動線規畫差 搶購名牌環保袋爆衝撞
(百貨店の導線の落とし穴・アニヤエコバッグ争奪で)



アニヤ・ハインドマーチのエコバッグ、香港でも大反響


人気ブログランキングへ



港台民眾搶購環保袋的香港新聞報導
(アニヤエコバッグ争奪戦の香港報道)






【明報專訊】風靡全球、由英國名師Anya Hindmarch設計的限量版環保袋「I'm NOT A Plastic Bag」,昨正式在在香港及台灣等地發售。銅鑼灣利園商場一大清早便被人龍「包圍」;在中環置地廣場的兩個發售點,有近3000人通宵排隊搶購。由於人數眾多,店舖提前於凌晨派籌,迅即派清,兩店昨日並無開門營業。有輪候10多小時卻未能買得心頭好的市民極為不滿,認為安排失當,多番鼓譟,一度高呼「我要買袋」,不肯離開。輪購環保袋在台灣更釀成流血衝突事件,造成8人受傷(見另稿)。

這款環保袋今年3月在全球多個地區開始發售,每次都吸引數千人排隊購買,有人隨即在網上炒賣。每個地區發售的環保袋設計都略有不同,香港版昨於尖沙嘴、銅鑼灣及中環等5個地點公開發售,限量1500個,每個售價120元。

置地廣場的兩個出售點Three Sixty及Harvey Nichols原定10時開售,但9時許人龍已圍置地廣場繞了兩圈,蜿蜒伸展到雪廠街。輪候者包括白領、學生、家庭主婦,也有奉命為僱主買袋的外籍家傭。

排在最前的數百人早於前晚開始霸位,由於人數眾多,兩間公司在昨凌晨開始派籌,通知已登記的市民早上回來取貨。雖然配額迅即爆滿,但前來排隊的人依然絡繹不絕。公司曾派員勸喻排隊人士離去,但他們並無理會,又質疑有人「講大話」,說兩店尚未營業,何來售罄,繼續通宵排隊。

未開舖已賣完 市民鼓譟轟講大話

原已領得籌號的市民,昨晨準備取貨時才知道公司不會開門營業,要另行安排時間購買,因而不滿鼓譟。逾2000市民逗留在置地廣場外,堵塞主要出入口及コ輔道中,警方出動30名藍帽子警員維持秩序,關閉置地廣場多個出入口,限制人流進出,即使在樓上辦公室上班的職員,亦要出示職員證始能進入;由於正值上班繁忙時間,場面混亂。

Harvey Nichols於上午11時才向排隊市民派發通知,指「限額已滿,深感抱歉」,勸喻他們離開,但市民拒絕離去,並要求有關公司派人交代,有人高呼「我要買袋」,又指公司為「奸商」及「講大話」。有輪候市民向記者展示雜誌及Three Sixty的宣傳單張,指環保袋昨日公開發售,但有關公司卻在未有通知的情紳士靴下提前派籌,巿民批評安排失當及不公,要他們白等一場。

至下午3時,環保袋的香港代理始派人到現場交代事件。公關代表李ト涵表示,由於前日早上10時已有市民排隊,基於安全理由及參照警方建議,臨時決定派籌,兩店分別於前日下午5時及昨凌晨4時派完245個籌。她又說,由於昨日人潮擠擁,遂決定延至下周三才向已取得籌號的市民售賣環保袋,公司會在報章及以電話通知顧客,人龍才陸續散去。

由於排在龍尾市民未聽到有關廣播,仍然繼續癡癡地等,其間又傳出本港發售的環保袋多達5000個,以及配額尚未派完等謠言,結果至下午5時仍有幾十人不願離去,有外籍家傭因僱主不信配額已滿,被迫繼續留下等待。
これまで伝えられてきた通りですが、要約すると香港・台湾ともに割り当て個数は1,500個。発売されるショップには2千人の行列ができ、台湾の1ショップでは発売開始15分で売り切れ。残された数千人の群集が文句を言って帰らない。…ranking

一部に5,000個の割り当てがあるというデマが流れて群集の解散を遅らせたということです。


《 香 港 》 大 批 市 民 雖 然 知 道 環 保 袋 已 經 售 罄 , 但 堅 持 要 香 港 代 理 交 代 , 不 願 散 去



《 台 灣 》 英 國 名 牌 環 保 袋 在 台 灣 開 售 時 觸 發 混 亂 , 一 度 出 現 人 踩 人 場 面



"微風廣場現場失控,搶包民眾在抓狂尖叫聲中,多人摔倒受傷,倒地民眾靠工作人員救出還奮不顧身繼續搶進



台南新光三越昨宣布暫停銷售,民眾難忍怒氣與百貨公司人員(右)協商。辛啟松攝


一群原本不相識的年輕人因連夜排隊而結成好友,在買到限量環保袋後,開心地合影留念
【Photo by Apple Daily】



はぁ・・・

そして7月6日の争奪戦の結果がコチラ
(表示できない・真っ白というひとはブラウザのエンコードをBig5に切り替えてください。)
アニヤ・エコバッグ東南アジアのチャコールグレーが約100点が出品中。

現在の香港、台湾は、ともに7月6日の騒ぎなど無かったかのように、すっかり熱が冷めているようです。

香港、台湾にとってアニヤ・ハインドマーチのエコバッグ I'm Not A Plastic Bagは一体全体なんだったんでしょうねぇ?
ちなみに、香港、台湾でI'm Not A Plastic Bagを持って歩いているひとを見たという「目撃」情報がちらほらありますよ〜♪。


人気blogランキングへ








2007年07月08日


この記事へのコメント
いや〜すごいですね!怖いです!
やはり冷静になって実際の映像みると、たかが2000円そこそこのバックのために?と思ってしまいます

日本ではこうならないように、何か対策ってないんでしょうか?

日本でここまでならないとは思いますが・・

私はバリに住んでいるので一応ジャカルタのアニスにたずねましたが、これ見たらわざわざ行くのはやめようと思ってしまいますね〜。

ほしがっている東京の妹のために何とかしてあげたいけどやっぱり無理かな?


Posted by ANNAママ at 2007年07月10日 19:22
ANNAママさんへ
アジアでは日本ほど娯楽が無いから行列を作るのは良くあることですけど、それにしても今回は香港人、台湾人もビックリ。狂ってるとしか言いようがないですね。

バリだとジャカルタまで行って50個の争奪戦ですよね?状況がよく分からないからジャカルタセレブが並ぶかは別として、海外旅行中の観光客でも50人くらいは並びそうですよね。
2000円のエコバッグのために飛行機に乗ったら、そっちのほうがエコじゃなくなるし、本当に悩ましいエコバッグですね。
Posted by アニヤファン at 2007年07月11日 10:06

コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック