地球温暖化に関する調査

2007年06月29日 22時45分

←人気blogランキングへ

gooリサーチで2007年3月に「地球温暖化に関する調査」の結果が発表されました。
この調査では地球温暖化が実生活にどのように影響しているか、地球温暖化に対してどのような対応をすべきなのかが問われています。

南極の氷みなさんは地球温暖化を実感することはありますか?
アンケート調査ではまず地球温暖化を感じるか感じないか、またどのようなときに感じるかを調べています。
結果、全体の95%の回答者が「感じている」と答え「感じていない」「分からない」は5%にとどまっています。
ではどんなことで地球温暖化を感じているかというと1位が「冬の気温」(46%)、少雪(12%)、ハリケーンや干ばつなどの異常気象(17%)、解ける極地(北極・南極)の氷などが上げられています。
ハリケーンや山火事は自然災害ではありますが、ここ数十年で10倍近くにも発生数が増えているといわれています。自然災害が10倍にまでも増加したのは間違いなく地球温暖化が原因で地球のバランスが崩れてきているということがいえるようです。


待ったなしの地球温暖化。いちど破壊された自然環境は戻ることがありません。gooリサーチでは温暖化防止のために何かしたいかという質問もしています。
92%の回答者が何かをしたいと答えています。
では具体的にどのような対策をしているのかという質問に対しては、回答数の多かった順に「電灯やテレビなどの電源をこまめに消す」(64%)、「ゴミの分別、リサイクルを徹底」(63%)、「冷暖房の温度を控えめに設定」(58%)、「調味料やシャンプーなどで詰め替え容器を使用」(34%)、その他にも「コピーの紙は両面を使用」、「再生紙、再生素材を使った商品をできるだけ購入する」、「買物でレジ袋をもらわない」などがありました。
懸案のレジ袋ですが、もし現在無料のレジ袋を有料化されたら「賛成?反対?」という質問では64%が「賛成」しています。
また、もしレジ袋が有料化された場合の行動を尋ねたところ88%が「買物袋を持参し、できるだけレジ袋を使わない」と答えています。

都内や首都圏でもゴミ分別については非常に厳しくなってきていますね。こういった日常の生活習慣の中で地球温暖化防止運動に参加しているという意識を持つことはとても重要なことだと思います。
既に意識の中では十分に浸透していると思われる地球温暖化。
ただ具体的にどのような対策をしていけばよいのか、誰が率先して推進するのか、このあたりがいまいち明確になっていないようにも思えます。

今回のアニヤ・エコバッグは全世界において大変な注目を浴びています。アニヤ・エコバッグをゲットできなかったひとだって、別にエコバッグはアニヤのI'm NOT A Plastic Bagだけではありませんから、個々人のレベルでレジ袋を削減していくことに協力していけばWe Are What We Do とアニヤ・ハインドマーチのレジ袋削減プロジェクトが実を結ぶのではないでしょうか。


人気blogランキングへ








2007年06月29日


この記事へのコメント

コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック