容器包装リサイクル法

2007年07月01日 12時31分

←人気blogランキングへ

日本では分別収集を実施する市町村・分別収集量は増加傾向にあります。このなかでもペットボトルやプラスチック製容器包装の収集量が大幅に拡大しています。一方で家庭から捨てられる一般廃棄物の排出量は横ばいとなってきているようですが、家庭ごみに占める容器包装廃棄物の割合も変わらず大きなものとなっています
このため、リサイクルのみならず容器包装廃棄物の排出の抑制(リデュース)を一層推進する必要がでてきました。
このニーズに加え、市町村の分別回収や選別保管コストが増加していますし、特定事業者の支払う再商品化委託費も年々増加しています。
このため、分別収集・再商品化の効率化・合理化を推進し、社会的費用を抑制する必要がでてきました。
再商品化義務が課せられているにもかかわらず義務を果たさない、いわゆる「ただ乗り事業者」が未だ一定数存在しており、事業者間の不公平が発生しています。 このために事業者間の公平性を確保する必要もあります。

住民と市町村の努力により集められたペットボトルの一部が海外に輸出されているらしく、折角リサイクル法が施行されているにもかかわらず国内での再商品化の実施に支障が生じる恐れも出てきました。
このような背景の中で、平成18年6月に改正容器包装リサイクル法が成立・公布されたのです。見直しの基本的方向
容器包装廃棄物の3R(リデュース・リユース・リサイクル)の推進
リサイクルに要する社会全体のコストの効率化
国・自治体・事業者・国民等すべての関係者の連携
改正容器包装リサイクル法は、平成18年6月9日に成立、6月15日に公布されました。

改正容器包装リサイクル法の概要
この基本的方向に基づき、容器包装リサイクル法の課題に対応することにより、容器包装廃棄物に係る排出の抑制及び再商品化の合理化等を促進します。


レジ袋対策
1.容器包装廃棄物排出抑制推進員制度の創設
環境負荷の少ないライフスタイルを提案しその実践を促す影響力のある著名人の方やオピニオンリーダー等を容器包装廃棄物排出抑制推進員として環境大臣から委嘱を行うこととしました。この推進員(愛称「3R推進マイスター」)には、容器包装廃棄物の排出の状況や排出抑制の取組の調査、消費者への指導・助言等を通じて、消費者のリデュースに関する意識啓発等について幅広く御活躍いただく予定です。

2.事業者に対する排出抑制を促進するための措置の導入
事業者における排出の抑制を促進するための措置として、レジ袋等の容器包装を多く用いる小売業者に対し、国が定める判断の基準に基づき、容器包装の使用合理化のための目標の設定、容器包装の有償化、マイバッグの配布等の排出の抑制の促進等の取組を求めることとしました。また、容器包装を年間50トン以上用いる多量利用事業者には、毎年取組状況等について国に報告を行うことを義務付けることとしました。


私たちにできること

アクション1 買い物袋を持参しよう!
レジ袋は1年間に約300億枚(1人1日約1枚)がごみになっています。また、容器包装全体の量では、容積で家庭ごみの6割を超えています。環境省では、容器包装ごみを削減するため、マイバッグやまいふろしきを持参してレジ袋を断ることを呼びかけています。自分の買い物バッグを持って、買い物に行くことを一つの楽しみにしてみませんか。

アクション2 過剰包装を断ろう
買い物して気付くことは、ラッピングされた商品やフィルムに包まれた食品など、私たちの生活の身近にどれほどの容器包装があるかということです。レジ袋だけでなく、過剰に包装された商品はそれだけ容器包装ごみが多く出ることになります。私達の生活に本当に必要な容器包装は何かを考え、簡易包装化された商品や、昔ながらの包装を用いない量り売りの商品を選択してみませんか。


補足

プラスチック製容器包装のサーマルリカバリー[平成19年4月施行]
市町村による分別収集の拡大により、今後の5年間でプラスチック製容器包装の分別収集量が再商品化可能量を上回る可能性があることから、このような場合の緊急避難的・補完的な対応として、プラスチック製容器包装を固形燃料等の原材料として利用することを再商品化手法として認めることにしました。

ペットボトルの容器包装区分の変更[平成20年4月施行]
容器包装区分のうちペットボトルについては、現在「しょうゆ・飲料」を容れたペットボトルに限られていますが、それ以外の商品を容れたペットボトルにも再生利用に適したものが存在することから、新たにペットボトル区分の中にめんつゆ、ノンオイルドレッシングの調味料等再生利用に適した商品を入れたペットボトルを追加することにしました。具体的な商品については現在検討中であり、今後具体的に定めていく予定のようです。


人気blogランキングへ








2007年07月01日


この記事へのコメント

コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック